photos
profile

伊藤誠 / ITO MAKOTO

シンガーソングライター(作詩・作曲・歌)

日本作曲家協会会員
1975年5月 ワーナーパイオニア主催第2回京都音楽祭にて優秀賞受賞
2004年2月 文の京(ふみのみやこ)音楽祭作詞作曲コンクールにてグランプリ受賞
2011年6月 Billboard Live Tokyoにて東日本大震災チャリティコンサート開催
2012年6月 日本経済新聞の最終頁「文化」欄に紹介記事が掲載
2013年1月よりTV番組「賢者の選択」のエンディングテーマ曲を作詞作曲歌唱

私の活動がドキュメンタリー番組になりました。是非ご覧ください。
BS-TBS:2014年12月21日(日) 山陰放送:2015年1月3日(土)


Discography

ディスコグラフィー

  • 1.この思いを(「東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」テーマ曲)
  • 2.祈り
  • 3.神様の贈りもの
  • 4.千億分の一
  • 5.さくら
  • 6.五月の宵 (文の京音楽祭グランプリ受賞曲)
  • 7.京・小雨・三年坂
  • 8.Milky Way ~天の川賛歌~
  • 9.長い手紙
  • 10.都を紅く染め上げて
  • 11.Holy Night
  • 12.世界中を敵にまわしても
  • 13.今、輝いて
  • 14.君の風になろう (「賢者の選択」エンディングテーマ曲)
  • 15.天空の森 (鎌倉カフェテラス樹ガーデンテーマ曲)
  • 16.茜色の来客

  • 1.神様の贈りもの
  • 2.世界中を敵にまわしても
  • 3.フランス映画
  • 4.京・小雨・三年坂
  • 5.千億分の一
  • 6.Don`t worry, be happy ~幸せになればいい~
  • 7.魔法
  • 8.ひと時のタンゴ
  • 9.こんなに月がきれいな夜は
  • 10.「夢や」にて
  • 11.白木蓮(もくれん)
  • 12.都を紅く染め上げて
  • 13.あなたの言葉を小さくたたんで
  • 14.祈り
  • 15.君の風になろう-Bonus Track-

  • 1.セレナーデ
  • 2.泡沫(うたかた)
  • 3.プラットホーム
  • 4.アダージョ ~伝説の恋~
  • 5.メイン・キャスト
  • 6.Holy Night
  • 7.閑日和
  • 8.Soy un perdido ~失くした恋~
  • 9.うみ風
  • 10.テキーラ・テキーラ
  • 11.四幕四場(フィナーレ)
  • 12.決心
  • 13.あの頃のように

  • 1.Abrazame(抱きしめて)
  • 2.長い坂道
  • 3.グラスの水
  • 4.五月の宵
  • 5.夏の君
  • 6.Mentira(うそ)
  • 7.君の声が聞こえない
  • 8.恋
  • 9.春風の中に~in the spring wind~
  • 10.Ahi mismo(あの場所で)
  • 11.夏は過ぎ去ったんじゃないんです
  • 12.クリスマス・カード
  • 13.Bailamos(踊ろう)
  • 14.この季節が終わる頃には

オルテンシア

On 2013年6月12日
By itomakoto
0 Comments

昨日の日経新聞の「春秋」にこう記されていました。

「ミュージカル、万華鏡、ピーターパン、剣の舞、花吹雪、墨田の花火……。

何の名前かお分かりだろうか。いまの季節を彩るアジサイである。品種改良のたびに新しい名前がつく。クルクル回ったり、四方八方に飛び散ったり、どれも動きを感じさせる命名なのが楽しい。」

確かに旬のこの花、“勢い”がありますよね~
続きを見る

To be to be ten made !

On 2013年5月29日
By itomakoto
0 Comments

 

さてこのタイトル、どういう意味でしょう・・・^^

続きを見る

父との想い出

On 2013年5月14日
By itomakoto
0 Comments

 

けさふと思い出しました。

中学3年の時のこと。土曜日の午後のクラブ活動を無断でサボったんです。

いろんなことがあって(…といってももうよく覚えてないですが…;;)初めて。
夕方になってその日は父が珍しく早く帰ってきて、一緒にテレビを見てくつろいでいた時だったように思います。

そこに電話。父が取りました。

続きを見る

美点凝視

On 2013年5月8日
By itomakoto
0 Comments

 

 

銀行員生活のちょうど半ばを過ぎた頃、ひとつの素晴らしい言葉と出会い、以後、座右の銘としています。

それが「美点凝視(びてんぎょうし)」という言葉。相手のいいところを見つけなさい、ということです。

人間誰しも欠点があり、そして長所があります。欠点はとかく目につき易いもの。そして自分の視野が狭くなってる時は、ついついそれを不満に思ったりしますよね。そうではなく、長所の方をよく見て、リスペクトし、出来れば褒めてあげること。

人を育てる上でとても大事なことであり、組織の上に立つ人には特に必要なことだと考えています。

続きを見る

いのちについて思うこと

On 2013年5月1日
By itomakoto
0 Comments

 

今日は5月1日。今年ももう3分の1が過ぎたんですね~;; 早い!

日経新聞の「私の履歴書」は、今日からプロゴルファーの岡本綾子さん。

第1回目である今日の文章の最後は「…先月62歳の誕生日を迎えた。80歳まではコースに出たいと思っている私だが、さて今は人生の何番ホールあたりにいるのだろうか。」と記されました。

続きを見る

「キラリのひと」

On 2013年4月24日
By itomakoto
0 Comments

今楽しみなことのひとつに、或る番組があります。

先月、故郷松江でコンサートを行った際に、地元テレビの山陰放送さんにいろいろ取材いただいて、すでに放映いただきました。

そしてもうひとつ、山陰ケーブルビジョンテレビさんに、5月放送予定の番組の取材を受けました。

上の写真は、その取材で連れていっていただいた、松江イングリッシュガーデンです。

続きを見る

松江コンサート その1

On 2013年4月12日
By itomakoto
0 Comments

 

3月30日の故郷・松江でのコンサートが終わってから、しばらく松江に滞在し、その後帰京してからはあれこれとバタバタしてていて、なかなかブログが書けませんでした;; やっとアップします。

続きを見る

さくら

On 2013年3月20日
By itomakoto
0 Comments

東京もいよいよ咲き始めましたね。

いつも咲き出したらあっという間。今週末、いい感じかもしれませんね~

咲くのは外の桜だけではありませんよ^^

なんと!続きを見る

雛祭り~おいでやす~

On 2013年3月3日
By itomakoto
0 Comments

 

 

 

舞子さんの「おいでやす」と言う声が聞こえるようですね~

ちょうど今日の雛祭りにピッタリかなぁと。

 

創ってくださったのは高嶋道子さん。デコクレイクラフトの先生で、教室も開いていらっしゃるんです。

縁あって出会わせていただき、先日ユウ燕さんのコンサートに出演させていただいた時に、これをプレゼントいただいたんです^^

続きを見る

シクラメン

On 2012年12月6日
By itomakoto
0 Comments

Ca390233

 

ついこないだまで残暑、残暑、とわめいて(あ、失礼、)騒いでたのに、あっと言う間にこの寒さ!後3週間で「新年」とは…恐れ入りました、という感じです。

 

 

 

オフィスの前の植え込み、何度かこのブログに登場していますが、今はシクラメンです。

12月の誕生花ですよね。

どこか少しか弱そうでいて、しかしながらしっかとり美しさを伝えてくる花、私にはそう感じます。

 

今日本屋さんで立ち読みして花言葉を見てみたら、いろんな意味があって、中には間違いなく矛盾するような言葉も…。

それだけ、すっきりしているように見えながら、人によって色々と異なる印象を持ってしまう花なのかもしれませんね。

 

そこで私がこの花に花言葉を与えるとしたら、「思わせぶり」かなぁ…

 

でもそれは飽くまで受ける側の印象で、実際のところ本人(…といっても、シクラメンですが…)は、ただ純粋に、可憐に咲いているのでしょう。

 

これは内緒にしとこうかなぁ…とは思ったのですが…

 

なんと、この花の和名は「豚の饅頭(ブタノマンジュウ)」なのだそうです。これは英名をほぼ直訳したもので、この球根が豚さんの餌になっていたことからつけられたようです。

 

 

ちょっとマイリましたね~^^;

 

小椋佳さんの名曲も「♪真綿色した豚の饅頭ほど・・・♪」では歌になりませんものね。

 

 

 

スペインでも冬によくみかけました。名は同じ「シクラメン」だったように思います。

 

この花、ひと鉢部屋あるだけで、心に静かな波をかきたてられるような…

 

そんな花ですね。

 

Ca390236