photos
profile

伊藤誠 / ITO MAKOTO

シンガーソングライター(作詩・作曲・歌)

日本作曲家協会会員
1975年5月 ワーナーパイオニア主催第2回京都音楽祭にて優秀賞受賞
2004年2月 文の京(ふみのみやこ)音楽祭作詞作曲コンクールにてグランプリ受賞
2011年6月 Billboard Live Tokyoにて東日本大震災チャリティコンサート開催
2012年6月 日本経済新聞の最終頁「文化」欄に紹介記事が掲載
2013年1月よりTV番組「賢者の選択」のエンディングテーマ曲を作詞作曲歌唱

私の活動がドキュメンタリー番組になりました。是非ご覧ください。
BS-TBS:2014年12月21日(日) 山陰放送:2015年1月3日(土)


Discography

ディスコグラフィー

  • 1.この思いを(「東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」テーマ曲)
  • 2.祈り
  • 3.神様の贈りもの
  • 4.千億分の一
  • 5.さくら
  • 6.五月の宵 (文の京音楽祭グランプリ受賞曲)
  • 7.京・小雨・三年坂
  • 8.Milky Way ~天の川賛歌~
  • 9.長い手紙
  • 10.都を紅く染め上げて
  • 11.Holy Night
  • 12.世界中を敵にまわしても
  • 13.今、輝いて
  • 14.君の風になろう (「賢者の選択」エンディングテーマ曲)
  • 15.天空の森 (鎌倉カフェテラス樹ガーデンテーマ曲)
  • 16.茜色の来客

  • 1.神様の贈りもの
  • 2.世界中を敵にまわしても
  • 3.フランス映画
  • 4.京・小雨・三年坂
  • 5.千億分の一
  • 6.Don`t worry, be happy ~幸せになればいい~
  • 7.魔法
  • 8.ひと時のタンゴ
  • 9.こんなに月がきれいな夜は
  • 10.「夢や」にて
  • 11.白木蓮(もくれん)
  • 12.都を紅く染め上げて
  • 13.あなたの言葉を小さくたたんで
  • 14.祈り
  • 15.君の風になろう-Bonus Track-

  • 1.セレナーデ
  • 2.泡沫(うたかた)
  • 3.プラットホーム
  • 4.アダージョ ~伝説の恋~
  • 5.メイン・キャスト
  • 6.Holy Night
  • 7.閑日和
  • 8.Soy un perdido ~失くした恋~
  • 9.うみ風
  • 10.テキーラ・テキーラ
  • 11.四幕四場(フィナーレ)
  • 12.決心
  • 13.あの頃のように

  • 1.Abrazame(抱きしめて)
  • 2.長い坂道
  • 3.グラスの水
  • 4.五月の宵
  • 5.夏の君
  • 6.Mentira(うそ)
  • 7.君の声が聞こえない
  • 8.恋
  • 9.春風の中に~in the spring wind~
  • 10.Ahi mismo(あの場所で)
  • 11.夏は過ぎ去ったんじゃないんです
  • 12.クリスマス・カード
  • 13.Bailamos(踊ろう)
  • 14.この季節が終わる頃には

とびきりのコンサートのご案内

On 2019年6月1日
By itomakoto
0 Comments

さて今日は、何が何でも来ていただきたいコンサートのご案内です!
故郷松江が誇る「プラバホール」にて、ノヴィープロジェクト様の主催で、この秋私のコンサートを行わせていただくこととなりました。
実は、仕事を辞めて音楽活動に専念すると決めた時から、故郷のこのホールでコンサートをするのが夢でした。しかも、山陰フィルハーモニーの弦楽アンサンブルと、松江プラバ少年少女合唱隊と、そしてホールのシンボルである中国地方随一のパイプオルガンも加わり、一体となって響き合うステージ・・・何が何でも聴いていただきたいコンサートです!

本日6月1日から、いよいよチケットが発売となります!
皆様お誘い合わせの上、お早めのお申し込みをいただきますよう、よろしくお願いいたします!
               
日 時; 2019年9月23日(月・祝)14:00開演
会 場; 松江市総合文化センター「プラバホール」
入場料; 3,000円 高校生以下1,000円
     <詳細は別添のチラシをご覧ください>

◎チケットのお申し込みは、チラシ記載の連絡先以外に、私にメッセージいただければ即お送りいたします!

松江玉造「長楽園」150周年記念 「伊藤誠コンサート」

On 2018年10月29日
By itomakoto
0 Comments

来月11月11日(日)に、以下の通り、故郷松江・玉造温泉の長楽園グループ「玉造国際ホテル」にて、コンサートを行わせていただきます。
時あたかも、全国の神様がここにお集まりになる「神在月」で、心ワクワクしています^^

実は長楽園グループは、今年でなんと創業150年ということで、先般長谷川社長から150周年記念歌を創ってほしいと依頼されました。今回のコンサートは、その歌のお披露目の場でもあります♪

長い歴史の中伝統を守り続けられ、今この節目で新たなる出発を期する時、全員一丸となって進んでゆこうではないかという歌にし、タイトルは「継ぎ人(つぎびと) ~新たなる出発(たびだち)~」としました。
今を担う社員の方々は、150年という歴史を背負い、これからの未来に発展を続けるため、その継承を任された「継ぎ人」ではないかと…。 
メロディはなるべく覚えやすいことを意識しました。皆さんに愛されて歌い継いでいただければと、心から願っています。

会場は前面すべてガラス張りで宍道湖を臨む、素晴らしいステージです!
コンサートの後半では、ちょうど宍道湖のあの得も言われぬ夕景をバックに、正にその情景を書いた歌「松江セレナーデ」も歌えたらと思っています。
  
お蔭様で既に満席をいただいています。ご来場の皆様もご一緒に、150周年を祝っていただきたいと思います!\(^0^)/~♪
 

コンサートのご案内♪

On 2018年8月23日
By itomakoto
0 Comments

故郷・松江でこの秋、ふたつのコンサートをさせていただきますが、まずは来月9月のご案内です♫
  
長い間眠っていて、3年前に松江で発見された100歳を超えるチェコ製ピアノ「ノヴィー」
受賞歴を持つ由緒あるピアノだと判明し、再生しようというみんなの想いが大きな動きとなって、一昨年見事によみがえりました!
僕は「ノヴィー」の再生テーマ曲のご依頼をいただき、2年前の4月、除幕式でその歌「ノヴィー ~新しいいのちへ~」をご披露し、その年の秋にノヴィーとの初コンサートをさせていただきました♪
  
そしてこの度、~Part Ⅱ~として、山陰フィルハーモニー管弦楽団の弦楽五重奏とのジョイントで、再度歌わせていただくこととなりました♫
ノヴィーとの再会!そして山陰フィルさんとのコラボ・・・僕自身とてもとても楽しみなコンサートです!
是非、お誘いあわせの上お出掛けくださいませ\(^0^)/~♫
  
日  時 2018年9月22日(土) 13時半開場 14時開演
場  所 松江市 国宝松江城公園内「興雲閣」
入 場 料 3000円(当日3500円) ワンドリンク付
お問合せ 松江サードプレイス研究会(山下080-1050-0832)
プレイガイド(以下添付資料をご参考ください)
 

  

「芹洋子・伊藤誠ふたりコンサート」のご案内

On 2018年5月8日
By itomakoto
0 Comments

今日はコンサートのご案内です!
かつて音楽祭でグランプリをいただき、大きな転機となった場所ー文京シビックホールーで、唱歌童謡界の大御所・芹洋子さんと一緒に「ふたりコンサート」を、以下の通り行わせていただくこととなりました♫
 
日時 2018年6月15日(金)19時開場 19時半開演
会場 (東京)文京シビック小ホール
料金 3,500円
  
是非是非聴いていただきたく、ご案内させていただきます(^O^)/
ご都合適う方、ご興味ある方は、ご連絡いただければうれしいです
 

 

伊藤誠 松江城内「興雲閣」大広間コンサート

On 2016年11月21日
By itomakoto
0 Comments


いよいよ今週末となりました!
故郷松江の、国宝となった松江城内の洋館・興雲閣の2階大広間にて、26日(土)14時からコンサート「伊藤誠 ~いのちを歌う~」を開催させていただきます。
遥かチェコより松江に渡ってきたピアノ・・・100年もの眠りから甦り、見事に再生されました!
私はこの再生され、新しく生まれ変わったピアノ「ノヴィー」(チェコの大作曲家ドヴォルザークの「新世界」にちなみ、在日チェコ大使が「ノヴィー・スヴィエト」(新世界)と名付けられました)の、再生テーマ曲を依頼され、今年4月の披露目の除幕式にて、「ノヴィー ~新しいいのちへ~」という歌を発表させていただきました。
そして今回、ノヴィーが鎮座する興雲閣にて、松江ゆかりのピアノスト・勝部万里子さんと、ヴァイオリニスト・野々内夏子さんの演奏により、十数曲を歌わせていただきます。
いずれの歌も、大病を経験した後に創った“いのちの尊さ”を謳う歌ばかりです。
お近くの方も、遠方の方も^^、是非ご来場ください。お待ちしています!

「あなたの帰り道を」

On 2016年10月21日
By itomakoto
0 Comments


 
今週、新曲「あなたの帰り道を」をレコーディング完了しました♪
心友の発案で、7月に鎌倉のカフェテラス「樹(いつき)ガーデン」に籠らせてもらい、満開の多種多彩な紫陽花を眺めながら創った歌です。
先月の麻布台樹ホールでの「伊藤誠サロンコンサート」で発表し、この度レコーディングを終えました。
  
紫陽花をテーマにした歌は、その移ろい色や花言葉から、心変わりに繋がり、どうしても哀しい歌が多いようです。
私の歌は、相手の幸せを願う、明るい祈りの歌になりました。
  
あなたの一日、いろいろなことが起きるでしょう、ふさぎ込んでしまうかもしれない・・・
でもどうかあなたの帰り道を、一面の紫陽花で、その光の粒を集めたようなときめき色で埋め尽くし、あなたが穏やかな心に戻れますように・・・
と、祈りを込めて歌う歌になりました。
 
あなたに聴いてもらえますように!
  
  

  

紫陽花八景

On 2016年6月23日
By itomakoto
0 Comments


 
あじさい、アジサイ、紫陽花・・・
 
様々な彩りに移ろい
いろいろな花言葉を持つ
不思議な花
 
スペイン語では「Hortensia(オルテンシア)」
綺麗で、妖しい響きですね~

  
  

テレビ特番放映のご案内

On 2016年6月20日
By itomakoto
0 Comments

大変ご無沙汰しています^^;
最近は、投稿がどうもフェイスブックに集中してしまい、ご無沙汰期間(ああ!もうこんなにあいてしまったとは・・--;)、たくさんコンサートがありましたし、実は急に体調を壊し入院したり・・・そしてまた元気にさせていただいたり!
いろいろありました。ざっと振り返り、近々いくつか見繕ってアップしたいと思いますので、ちょっとお待ちくださいね。
という訳で、伊藤はお蔭様で元気です!今日はここまで^^

・・・っと、一点お知らせを。
4月に故郷松江で行われた、100歳のピアノ「ノヴィー」再生の式典で、再生ピアノのテーマ曲「ノヴィー ~新しいいのちへ~」を発表させていただきましたが、そのチェコ製ピアノ「ノヴィー」の再生のストーリーが、山陰ケーブルビジョンさんで、30分のドキュメンタリー番組になりました。
タイトルは「蘇る100年の調べ ノヴィーrebirth project」

5月30日からもう20数回放映されていますが、今月末までまだ放映されています。
島根の方、是非観てください!
詳しくは以下の私のフェイスブックの記事をご参考ください!
  
伊藤誠facebook

http://www.facebook.com/ito.makoto.7771

伯耆しあわせの郷コンサート♪

On 2015年10月15日
By itomakoto
0 Comments


 
明日から故郷・山陰へ出張です!

明日は松江で、今度歌を創ることになった100歳のピアノとの再会や、ピアノ再生プロジェクト実行委員会への出席等々、盛りだくさん。
ピアノの件の進捗は、またアップしますね。

明後日は毎週土曜日に出演させていただいている山陰放送さんの番組「伊藤誠~いのちの輝き~」に生出演します♪

そして18日(日)は、鳥取県倉吉市の「伯耆しあわせの郷」でコンサートです!
このコンサートは、昨年末にテレビ放映された、私のドキュメンタリー番組「君の風になろう」をご覧になった、県の無形文化財保持者でいらっしゃる福井貞子さんが動いてくださって実現したものです。
 
倉吉は幼い頃に一度訪れただけの街、いろいろな名所等も多く、こうしてご縁をいただいてまた伺えること、本当に幸せに思います。
 
お近くの方は是非聴きにいらしてくださいね!
心をこめて歌います!
 

歌を最初につくった人、有難う!!

On 2015年9月4日
By itomakoto
0 Comments


 
傘を持つ日々が続いていますね。
酷暑に辟易して、雨を乞うたりしたくせに、雨天が続いたら続いたで、今度は晴れてほしいと・・・
人はつくづく、無い物ねだりの我が儘な生き物です。(え?私だけですか??^^;)
 
しばらく体調を崩し、寝込んだりしていましたが、漸く回復してきました。
同い歳ながら、常に自らを叱咤し、間断なく、モーレツに仕事している心友が近くにいますが、返す返す素晴らしいなぁと思います。
“胆の据え方”が違うのです。
良い見本を見せてもらえることの幸せ。よし!自分も!と叱咤する日々です。
 
この不調の間、歌を友にしました。時に強烈に、時に寄り添うように、とても大きな「力」になってくれました。
その中で、最近或る方に贈った歌を聴き返していて、あらためて思いました。
最初、サビの高い音が出きっていないことが少し気になっていましたが、何度も聴いて、それがなんだ、と。
綺麗に聞こえなくてはならないのだろうかと。
 
想いが伝わること、想いを伝えられること、これが叶っていればいいと思いました。
或いは極論すれば、「綺麗」なままでは、大切なものが伝わらないかもしれないと。
たとえ音がはずれようと、それを凌駕する“魂の共鳴”のようなもの、これこそが一番大切なもの、表現すべきものだと。
今まで何度も感じてきたことなのに、あらためて、しみじみと。体調を崩している時は、きっと感受性が高まるのでしょう。

音とはすごいものですね。誰がつくったんだろう・・・
歌を最初に作った人、有難うございます!あなたのお蔭です!^^
 
あすは久々に晴れるそうですね。
今日一日、雨の日の良いところを見つけ、感謝してみようと思います。