photos
profile

伊藤誠 / ITO MAKOTO

シンガーソングライター(作詩・作曲・歌)

日本作曲家協会会員
1975年5月 ワーナーパイオニア主催第2回京都音楽祭にて優秀賞受賞
2004年2月 文の京(ふみのみやこ)音楽祭作詞作曲コンクールにてグランプリ受賞
2011年6月 Billboard Live Tokyoにて東日本大震災チャリティコンサート開催
2012年6月 日本経済新聞の最終頁「文化」欄に紹介記事が掲載
2013年1月よりTV番組「賢者の選択」のエンディングテーマ曲を作詞作曲歌唱

私の活動がドキュメンタリー番組になりました。是非ご覧ください。
BS-TBS:2014年12月21日(日) 山陰放送:2015年1月3日(土)


Discography

ディスコグラフィー

  • 1.この思いを(「東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」テーマ曲)
  • 2.祈り
  • 3.神様の贈りもの
  • 4.千億分の一
  • 5.さくら
  • 6.五月の宵 (文の京音楽祭グランプリ受賞曲)
  • 7.京・小雨・三年坂
  • 8.Milky Way ~天の川賛歌~
  • 9.長い手紙
  • 10.都を紅く染め上げて
  • 11.Holy Night
  • 12.世界中を敵にまわしても
  • 13.今、輝いて
  • 14.君の風になろう (「賢者の選択」エンディングテーマ曲)
  • 15.天空の森 (鎌倉カフェテラス樹ガーデンテーマ曲)
  • 16.茜色の来客

  • 1.神様の贈りもの
  • 2.世界中を敵にまわしても
  • 3.フランス映画
  • 4.京・小雨・三年坂
  • 5.千億分の一
  • 6.Don`t worry, be happy ~幸せになればいい~
  • 7.魔法
  • 8.ひと時のタンゴ
  • 9.こんなに月がきれいな夜は
  • 10.「夢や」にて
  • 11.白木蓮(もくれん)
  • 12.都を紅く染め上げて
  • 13.あなたの言葉を小さくたたんで
  • 14.祈り
  • 15.君の風になろう-Bonus Track-

  • 1.セレナーデ
  • 2.泡沫(うたかた)
  • 3.プラットホーム
  • 4.アダージョ ~伝説の恋~
  • 5.メイン・キャスト
  • 6.Holy Night
  • 7.閑日和
  • 8.Soy un perdido ~失くした恋~
  • 9.うみ風
  • 10.テキーラ・テキーラ
  • 11.四幕四場(フィナーレ)
  • 12.決心
  • 13.あの頃のように

  • 1.Abrazame(抱きしめて)
  • 2.長い坂道
  • 3.グラスの水
  • 4.五月の宵
  • 5.夏の君
  • 6.Mentira(うそ)
  • 7.君の声が聞こえない
  • 8.恋
  • 9.春風の中に~in the spring wind~
  • 10.Ahi mismo(あの場所で)
  • 11.夏は過ぎ去ったんじゃないんです
  • 12.クリスマス・カード
  • 13.Bailamos(踊ろう)
  • 14.この季節が終わる頃には

程(ほど)ー八分咲きを良しとするその心ー

On 2013年8月20日
By itomakoto
0 Comments

これは日本画壇の名匠、菊池契月氏の絵です。

お世話になっている株式会社日ノ樹さん所有の、鎌倉・カフェテラス樹ガーデンで、この掛け軸を過日じっくりと見せていただきました。

清々しく、優しく、極めて品格のある絵で、洗練されたその世界観に魅了され、しばし浸らせていただきました。

「百花の王」と呼ばれ、富貴のシンボルとされる牡丹を、全開させず、八分の開花を捉え良しとしたその心・・・

“謙虚なる美”とでも言うのでしょうか。

続きを見る

神聖な場所

On 2013年8月8日
By itomakoto
0 Comments

誰にでも自分の「神聖な場所」があるのではないでしょうか。

そこに戻れば心がフラットになる場所、自分の魂からの語りかけを真摯に受け止められる場所、つまりは心のよりどころであり、“原点”と言っていいでしょう。

 

今の私の「神聖な場所」は、ここです。

ここは私の音楽活動を全面的に支援いただいている日ノ樹さんが、昨年2月に作ってくださった、スタジオ兼ホールなんです。
続きを見る

プロセス

On 2013年8月1日
By itomakoto
0 Comments

ある日、コーヒーが私にこんなことをつぶやきました。

「ミルクを落とすなら、一気にスプーンで混ぜないでほしいなぁ。強引に同化させられたくないんだ。少しずつ、ゆっくり、じわ~っと溶け合っていきたいんだ。」と。あはは。

以降、ミルクを入れる時は混ぜず、そのままに^^

ゆるやかに馴染んでいくのを見ていると、心が和みます。
これが「My Way」なのかな・・・
続きを見る

「来週でしょ!」

On 2013年7月12日
By itomakoto
0 Comments

 

暑いですね~;;;朝オフィスに来るだけで大汗です;;;

 

でも救いの神が^^

 

これは内緒ですが^^;、オフィスの1階にあるNYブランチのお気に入り店「Suji‘s(スージース)」に、来週から新メニューで登場する「彩り鮮やかな冷製モチ豚しゃぶしゃぶサラダ」を、こっそり試食させてもらいました!^^あは。

う、うま~~~っい!!!
続きを見る

宝生弁財天

On 2013年7月3日
By itomakoto
0 Comments

 

きのう、水天宮へお参りしてきました。

長い間、ここは安産のお願いに行くところ、とばかり思っていましたが、先日心友から「宝生弁財天」の絵馬をもらい、水天宮の境内に、芸術・芸能の女神である弁財天が祀られていることを初めて知りました。

そして、弁財天の参拝日「巳」の日(「巳(へび)」は、弁天様のお遣いなのだそうです)の今日、お参りしてきました。

続きを見る

振動のポエジー

On 2013年6月20日
By itomakoto
0 Comments

さて、なんでしょう・・・?

これは西原尚氏の「ピアノの日常生活」というオブジェなんです。

 

先日飯田橋の日仏学院にある「La Brasserie(ラ・ブラスリー)」というフレンチの店に行った際、学院の横に“君臨”なさってました。

続きを見る

オルテンシア

On 2013年6月12日
By itomakoto
0 Comments

昨日の日経新聞の「春秋」にこう記されていました。

「ミュージカル、万華鏡、ピーターパン、剣の舞、花吹雪、墨田の花火……。

何の名前かお分かりだろうか。いまの季節を彩るアジサイである。品種改良のたびに新しい名前がつく。クルクル回ったり、四方八方に飛び散ったり、どれも動きを感じさせる命名なのが楽しい。」

確かに旬のこの花、“勢い”がありますよね~
続きを見る

To be to be ten made !

On 2013年5月29日
By itomakoto
0 Comments

 

さてこのタイトル、どういう意味でしょう・・・^^

続きを見る

父との想い出

On 2013年5月14日
By itomakoto
0 Comments

 

けさふと思い出しました。

中学3年の時のこと。土曜日の午後のクラブ活動を無断でサボったんです。

いろんなことがあって(…といってももうよく覚えてないですが…;;)初めて。
夕方になってその日は父が珍しく早く帰ってきて、一緒にテレビを見てくつろいでいた時だったように思います。

そこに電話。父が取りました。

続きを見る

美点凝視

On 2013年5月8日
By itomakoto
0 Comments

 

 

銀行員生活のちょうど半ばを過ぎた頃、ひとつの素晴らしい言葉と出会い、以後、座右の銘としています。

それが「美点凝視(びてんぎょうし)」という言葉。相手のいいところを見つけなさい、ということです。

人間誰しも欠点があり、そして長所があります。欠点はとかく目につき易いもの。そして自分の視野が狭くなってる時は、ついついそれを不満に思ったりしますよね。そうではなく、長所の方をよく見て、リスペクトし、出来れば褒めてあげること。

人を育てる上でとても大事なことであり、組織の上に立つ人には特に必要なことだと考えています。

続きを見る